SEO対策に基本はないけど、基本の考え方はあるかもよ。

SEOなしてちゃん

「SEO対策に基本がないわけない」
……と思いますよね?

実は「基本なんて無い!」と、僕は思ってしまってるんですよね。

この記事は、そんな私が、SEO対策における基本の”考え方”をまとめてみたものです。
(基本の考え方や基本知識を書きました。SEO対策で行う施策だとか実務的な基本は一切記載していません。)
まずはSEO対策とは?という基本の基本からお話していきます。

SEO対策の基本思想を「言葉」でなく「心」で理解したい方はこちらから。
ジャイロ・ツェペリに学ぶ、SEO対策の基本思想

SEO対策とは?

「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。

……と、ありきたりなことをかいてみました。

一言で「検索エンジン最適化だよ!」と言われても、結局なんのことわからないと思いますので、こちらをご覧ください。

SEO対策とは?を主観的に一文で表してみる

「Google先生を通して、より多くのユーザに、自社サイトを見てもらえるよう、一生懸命いろいろやること」

一般的には「検索結果で自社サイトを上位化する」だとか言われますが、あれにはものすごくビジネス的な視点が含まれていたり、抽象的だったりするので、あえてこういった表現にしました。(この辺の話はまた別の機会にでも……)

「Google先生を通して、より多くのユーザに自社サイトを見てもらえるよう、一生懸命いろいろやること」

「いろいろってなんだよ、抽象的じゃねーか」
という声が聞こえてくる気がします。

……だって

……だって、いろいろなんだもん!

SEO対策の基本といわれている、いろいろ

  • サイトの戦略設計・コンテンツ作成系
    • ディレクトリ構造、内部リンク構造をGoogle先生にもユーザにもわかりやすくする
    • 被リンクいっぱいもらえそうな、良いコンテンツつくる
    • さすがに検索volの多いキーワードであげたいから、そういうキーワード選ぶ
    • キーワードはさすがに入れないとGoogle先生の反応遅れるから入れる
    • そのキーワードでユーザがどんな課題解決したいのか考える
  • コーディングでいい感じにする系
    • hタグやcanonicalを適切に使ったり、少し変な使い方したりして、Google先生に何のサイトか伝わりやすくする
    • モバイルユーザ多そうだし、Google先生がモバイルファーストインデックスするよ、って言ってるからスマホ版もレスポンシブとかでいい感じにしてみる
  •  さすがにやばそうな数字みつけて改善する系
    • 各ページの直帰率、離脱率、滞在時間あたり改善
    • 読み込み速度もさすがに遅すぎたら改善
    • 他にもサーチコンソールを介して、Google先生からお怒りメールがきたら改善

などなど、などなど……
まだまだ色々あって盛りだくさんでございます。

でもでもこの辺って「さすがに、どうあがいてもやったほうがいいこと」ゆえに基本と呼ばれているだけで、「やらなければ絶対にいけないこと」ではないので、基本というより一般的って感じなんじゃないかなーと。

マジ大事な超基本的なことは別にある気がします。

SEO対策のマジ大事な基本のはなし

SEOなしてちゃん

マジ大事で超基本的なこと、それは……

「Google先生の検索結果の先にはユーザがいることを忘れない」

基本として大事なことはこの考え方のみだと思います。
営業だとかエンジニアだとかマーケターだとか、職種に関係なくこれだけは忘れないで欲しいんです。

では、なぜこの一言で基本足るといえるのでしょうか。

なぜ、ユーザが大事なのか

それは……

「Google先生が大事だって言ってるから」

……いや、本当にそうなんですよ。根拠もちゃんとあるんです!

「Google先生がどのようにサイトを評価しているか」「Google先生が彼らの理想を実現するために何をしてきたか」をもとに説明してみます。

Google先生の仕組みのはなし

Google先生の仕組みはこんな感じです。

Googleロジック1

そんでもって、サイト評価基準の片鱗がこちらです。

Googleのロジック説明2

つまりですね、結局こういうことなんです。

各サイトの評価基準は……
「検索ユーザ達がどれだけそのサイトのコンテンツに満足したか」200以上ともいわれる、要因データを元に総合的に判断しているのです。

Google先生めちゃくちゃすごくないですか?
膨大な評価軸をもとに、ユーザにとって最良の検索結果をかえそうとしているんですよ。

さらにGoogle先生について知っていただくために、続いてGoogle先生のサイト評価の昔と今のはなしをご覧ください。

Google先生の昔と今のはなし

かつてはGoogle先生が評価に用いているであろう指標を一部上昇させるだけで順位が上昇しました。

SEO対策されたサイト「10万被リンク獲得したよ!先生!」
Google先生「すごい!このサイトみんなに評価されてる!順位あげよう!」

これはまだまだ評価項目も少なく、Google先生の評価が甘かった時代のお話……

今はそんなに甘くありません。

Googleのロジック説明5

Google先生は「ユーザにとって最良の検索結果をかえすこと」を目標に成長し続けてきました。

その結果、評価項目は増加し、異常値があった場合は無視して評価するようになりました。

今この瞬間もGoogle先生は学習し続け、成長しているのです。

まとめ:SEO対策の基本はやっぱりユーザ

長々とGoogle先生についてお話してきましたが、結局なにが言いたいかというとですね……

やっぱりGoogle先生めちゃくちゃすごい!

そんなすごい彼らが「ユーザのためになるものを評価」し、「ユーザのためにならないものを排除」する目的にまっすぐ突き進んでいる以上、SEO対策で大事なことはユーザのためになるものを作ることだけなのです。

毎日Google先生と遊んでいる僕には、そう思えてしまうのです……

そうはいっても……

ここまで読んでいただいた方の中には
「ユーザが大事なのはわかったよ!でもどうすればいいんだよ!web集客したいんだよ!」
という方もいらっしゃると思います。

ちょろっと触れておきますと、サイト流入が向上しないの理由はおそらく2種類です。

1,「サービスそのものに、ユーザニーズがない」

この場合はサービスつくりなおすか、そのサービスの上限まで頑張って伸ばして次行くか、いろいろ捨ててピボットするか、冷たいことを言うようですが選択肢はたぶんどれかです。

SEO対策がお手伝いできるのは、サービスの上ポテンシャル上限までな気がします。(SEO対策の定義にもよりますが……)

2,「サービスは良いが、正しく伝わっていない」

こいつはSEO対策の出番だ!!!
もしかしたらUXデザインとか用いて、きれいにサービス価値を言語化したりしたほうが良いかもしれないけど、とにかくSEO対策の出番だ!!!

2番について、テクい感じのSEO対策のはなしは近いうちに書こうかなと思います。
近いうちがいつなのかは不明なので、このあたりの記事を読んで気長に待っていただければなーって感じです。

ジャイロ・ツェペリに学ぶ、SEO対策の基本思想

UIとは、UXとは、何か。違いはあるけど、そんなに無いよ。

ご拝読ありがとうございました。