ジャイロ・ツェペリに学ぶ、SEO対策の基本思想

「こいつは一体何を言っているんだ?」
「ジョジョとSEOはカンケーねえに決まってんだろー」
「SEOのことを考えすぎて、頭がおかしくなったんじゃねーか?」

と思った、そこのアナタ。

ジャイロ『SEOには未知の部分がある』

きっとこの記事を最後まで読むことで、SEOのなんたるかを心で理解できることでしょう。

SEO対策の基本思想を「心」でなく「言葉」で理解したい方はこちらから。
SEO対策に基本はないけど、基本の考え方はあるかもよ。

SEO対策とは?

SEO対策とは、Googleなどの検索エンジンを利用するユーザ”に対して”必要なユーザに適切な情報を届けるため、サイトorページを最適化する対策のこと”です。

よく世の中では「特定のキーワードで上位表示させる対策のこと」だとか言われますが、少し意味が違うかなと私個人は思っているので、あえて上記のような書き方にしました。

こういった微妙なニュアンスの違いは、ジャイロのLESSONを学ぶことで、適切に捉えることができるでしょう。

SEO対策の基本思想

「ユーザのことを考えろッ!!」
私から言えるのは、これだけです。
詳しくはジャイロが教えてくれます。

LESSON1『SEO対策に妙な期待はするな』

SEO対策をすれば、すぐ順位があがるだとか、思うんじゃあない。
ユーザのためになるものを作ればGoogleがユーザに届けてくれる、ただそれだけだ。

たしかにGoogleがページを認識できるようにサイトを作ることは必要だ。
だがもっとも必要なことは、Googleに正しくページを認識させること、ユーザにとって価値のある情報を返すことだ。

SEO対策にできることは、それ以上でも、それ以下でもない。

LESSON2『ユーザには悟られるな』

いいだろう、LESSON2は『ユーザには悟られるな』…だ!

サイトを作っている以上、あんたは「お問い合わせ」だとか、「資料ダウンロード」だとか、いわゆるコンバージョンってものに囚われちまっているだろうな。

ユーザにとって邪魔なタイミングでポップアップだとかを出すからSEOもCVRも伸びないんだ。

ユーザの感情を支配しろッ!

ユーザが広告だと思わないコンテンツは、Googleも良いコンテンツだと評価してくれるはずだ。

LESSON3『Googleを信じろ』

Googleが表示する検索結果(SERPs)は、必ずユーザが欲しい情報になっているはずだッ!

Googleを信じ、検索結果を頼りに、ユーザの真意にたどり着けッ!

LESSON4『敬意を払え』

LESSON4だッ!『敬意を払え』ッ!

ユーザのためになるページを作ることは『できない』と4度言うんだ!

いいか、ユーザもGoogleもそんなに馬鹿じゃあない。
ユーザに対して敬意の無いコンテンツは一時的に流入がくるかもしれないが、長期的に流入を稼ぐことはゼッタイにない。

『できない』と4度言ったとき、どんなコンテンツを作ればいいか、検索結果から見えてくるはずだ。

LESSON5『遠回りこそが最短の近道』

『LESSON5』だ

……そう……確か

次は『LESSON5』だ

……

SEO対策でいつも最短の近道を試みたが『一番の近道は遠回りだった』

『遠回りこそが俺の最短の道だった』

SEO対策に近道なんて無い。
ただひたすらにユーザがどんな情報を欲し、どんな真意が隠されているのかに向き合い続けることが最短の道だ。

SEO対策の基本思想まとめ

ジャイロ・ツェペリの口調をオマージュさせていただきましたが、結局何が言いたいのかはこちらでまとめました。

1.『SEO対策に過度な期待をしすぎないでください。』

2.『ビジネス視点で挿入される情報よりも、「ユーザが欲しい情報」を優先しましょう。ビジネス視点の情報はユーザに必要でない可能性があります。そういったコンテンツを入れる場合は、極力広告だと悟られないようにしましょう。』

3.『Googleはマジすごいです。彼らをユーザ検索意図の代弁者だと思い、Googleからユーザ真意を読み取りましょう。

4.『ユーザの行動をGoogleは見ています。近年どんどんとユーザの動きを重視する傾向にありそうです。ユーザに敬意を払い、自分のサイトでどんな体験をしてもらうかを意識しましょう。』

5, 『地道に検索クエリを叩きまくることユーザのことを理解できる一番の方法です。その遠回りこそがSEO対策の最短の道です。』

『LESSON5』はこのために……

ありがとう……

ジャイロ……

本当に……本当に……「ありがとう」……

それしか言う言葉がみつからない……

……

まだジョジョを読んでいない人はぜひ読んでみてください、

めちゃくちゃおもしろいです。